RSS

松江玉造の旅~その1

01 10月

9月25~26日 この週末はnao생일ということもあり、山陰は島根県松江~玉造へ行った。

DSC_0281

今回は温泉でゆっくりすることにして、立ち寄るのは足立美術館と松江城に限定した。
ドライブルートも最短距離を往復することにしたが、道中にはいくつか見どころもあった。


星

今回のルート

廿日市~庄原間は高速道、庄原~松江間は国道(R183~R314~R432)を走る。image

IMG_7734IMG_7740
AM6:00に廿日市を出発、三次までは霧の道。標高差105mの奥出雲おろちループ

星

白椿大橋
R432沿いを安来市に入ったあたりで綺麗な吊り橋が見えてきた。
DSC_0222
白椿大橋は長さ128m巾2mあり、吊橋では中国一の大きさを誇る。平成5年5月に完成した。(やすぎ観光サイトより)
世羅の夢吊橋が世界一で、こっちが中国地方一~??・・もうなにがなんだかよー分からん^^。
IMG_7743DSC_0235
やはり、世羅の夢吊橋よりはこちらの方が・・吊り橋らしいと思うけど。。

星
秋祭りの風景(島根県安来市)

DSC_0258
最初は葬列かと思ってしまったが、んな訳は無い^^やはり秋祭りだった。

星

足立美術館(島根県安来市)

足立美術館は横山大観の収蔵品が有名だが、日本庭園は8年連続日本一だそうだ。

DSC_0333IMG_7772
以下、館内の美術作品は撮影禁止なので、日本庭園の写真ばかりでお許しを・・><。DSC_0286
この日は天気もよく、庭園美も素晴らしいのだが、建物の影が少々気になった・・かなぁ。DSC_0275DSC_0301
縮景園のように庭を歩ければいいのだが、窓越しに眺めるだけなのはこれまた少々残念?DSC_0320IMG_7791↑喫茶室「大観」から眺める池庭IMG_7792

IMG_7776IMG_7788
こちらは屋外展示なので撮影可。将軍の孫(北村西望)・女と猫とヴィオリン弾き(冨田憲二)↑

DSC_0331
自然と一体となった庭園美は素晴らしく、8年連続庭園日本一も頷ける。

星

もちろん庭園以外の横山大観を始めとする展示作品も素晴らしかったのだが、
あいにく美術には素人の私ではとてもコメントできないのが残念><。
IMG
今回展示されていたのは「紅葉」と「雨霽る」 。ただただ、圧巻!と言うほか無く。。
欲を言えば大観の出世作「無我」を見たいと思ったのだが・・今回は非展示だった。

星

naoが買った色紙レプリカ。
IMG_7904 
いないいないばあー(林義雄)

星星

see you next

広告
 
16件のコメント

投稿者: : 2011年10月1日 投稿先 旅行, 松江

 

松江玉造の旅~その1」への16件のフィードバック

  1. 照れまん

    2011年10月2日 at 7:49 AM

    こんにちはー
    小太郎さん 腕を上げたね~!!
                     なになに、棚の上の物を取っている。
    こらこら、違いますよ。カメラの腕を上げたね~!!
    これは、作品になっているよ。  光と影の コントラストが素晴しい!
    足立美術館 素晴しいね~~!!  
    これは個人が造ったなんて、考えられない。
    世界一 になってるらしい??

    秋祭り もちょうどいい時出会ったね。 これも、なかなかいいんじゃないの。
    稲の実りや、彼岸花 なんかが咲いていて、村の収穫のお祭りが GOOD タイミング だったね。

    ハングル文字はワカランけど、 Naoチャングムの 希望で と言う事かな???

     
    • haw小太郎

      2011年10月2日 at 10:50 PM

      照れまんさん こんばんは^^。
      棚の上を手さぐりで探し物をしているんだが、なかなかよね~コレガ
      私は足立美術館は殆どノーマークでしたがnaoが行きたいというので寄りました。
      足立美術館がノーマークだったとはモグリでしたね~><。
      ここは秋祭りの風景のすぐ先の片田舎にも関わらず?沢山の人が来られてました。
      朝9時半ころだったので建物の影が長く伸びてました。
      快晴の天気だったので影がよけい邪魔に感じましたが・・
      コントラスト^^と評価してくれたら文句言えんよね~^^。
      それに祭りの・・彼岸花まで見つけてくれるとは嬉しいね~@@
      いつもながら君の観察力には驚愕~~!!
      26日はnaoのセンイル(生日:韓国ではそういうらしい)だったので点数稼いでおかんとね・・
      (大内人形につぶされちゃ不味いので^^。)

       
  2. 昔の乙女

    2011年10月2日 at 4:04 PM

    こんにちは。
    綺麗な写真がいっぱいで(@0@)
    白椿大橋は吊り橋らしい橋でこれじゃなきゃね。
    手入れの行き届いた庭園は、
    8年連続庭園日本一と言うのも納得するわ。

     
    • haw小太郎

      2011年10月2日 at 11:01 PM

      乙女さん こんばんは^^。
      白椿大橋は知らなかったのですが通り道にありました。
      ダム湖にかかる吊り橋は全国にあるんでしょうね。
      世界一の歩道橋?よりは確かに吊り橋らしいですが、
      蔓じゃないし揺れないので・・マダマダでしょうか^^。
      この庭園美をどうやって維持してるんでしょうかね??
      白砂なども箒の跡すらないし、どうやって手入れするのかと思いましたよ^^。

       
  3. saganhama

    2011年10月2日 at 9:27 PM

    こんばんは(^^)
    此処は以前fujimさんが記事にされてたと思いますが・・・
    他のブロ友さんもアップされてたので、今回で写真を見るのは
    3回目ですよ。見事に手入れさてるのが整然とした風景から
    良くわかりますよ。これが庭園美って言うんでしょうね。

    やっぱ吊り橋って言ったらこれでしょう(笑)

     
    • haw小太郎

      2011年10月2日 at 11:12 PM

      hamaさん こんばんは^^。
      fuさんの記事は2009.5でしたね~。。私がブログ始める前で全く知りませんでしたよ><
      ・・完璧な足立美術館が紹介されてました^^。
      私は足立美術館の存在は殆ど知らなかったので・・この地方の者としてはペケでしたね~^^。
      庭園はともかく横山大観を見られたことが望外の収穫でしたよ^^。
      前回の世界一は顰蹙でしたかね~^^。ほんでもあれも立派なギネス認定の吊橋ということで^^。

       
  4. ❤ちえたん

    2011年10月2日 at 10:18 PM

    小太郎さん♪ こんばんは^^

    おぉ~~~!
    玉造温泉!私も一昨年行ってきましたよぉ^^
    こちらからだと、意外と近い温泉街ですよねぇ^^
    ルートは、庄原を過ぎたあたりから、私たちは温泉に向かいました。
    昼過ぎに出たので、一日目はゆっくり温泉を楽しむだけでしたネ。
    白樺大橋?これは初めてみました。。。
    おろちループは、ずっと昔から有名ですね。
    足立美術館、一度も行った事がないのですが
    やはり、噂とおり日本庭園は、ピカ1ですね^^
    手入れの行き届いて、綺麗に刈り上げられた木々もだし
    池も立派な鯉が泳いでいそうです。
    でも・・・これだけ手入れが行き届いてると・・・
    相当管理にお金かかっていそうですね^^;
    秋祭りの風情も良い感じです^^
    そちらは既に稲刈りが終わってるみたいですね・・・。
    こちらは、これから本番ですよぉ~!

     
    • haw小太郎

      2011年10月2日 at 11:48 PM

      ちえたん こんばんは^^。
      >玉造温泉!私も一昨年行ってきましたよぉ^^
      ・・というのでチェックしましたら・・ありゃりゃ~日本一の・・って同じ宿ですよ^^。
      いやいや参りましたね~その2はちえたんの記事をリンクして宿の写真はカットしますので
      そこんとこヨロシク~??
      それにしても庄原から松江までは近いですよね、1.5Hくらいで着いたような気がします。
      玉造のその宿には3月にも行ったんですが、その時は三次~三瓶~日御碕~出雲大社~玉造のルートでした。
      これはさすがに疲れましたので今回は最短ルートにしました。

      白椿大橋はR432でおろちはR314でしたが、どちらも初めて通った道で初めて見ましたよ^^。
      おろちは昔から有名なの~??・・これはまたモグリでした><。
      足立美術館は庭園も素晴らしいけど、横山大観やその時代の作家の作品も必見の価値ありですよ^^。
      それと庭園内は立入り禁止なので、もし行かれることがあったら、鳥撮りには注意して下さいよ~^^。
      私も庭園眺めながら、ついつい鳥を探しておりました><。

       
  5. fujim

    2011年10月3日 at 4:08 PM

    小太郎さん こんにちはー
    おお、足立美術館、行きましたよ・・・・・
    写真が素晴らしい!!  同じところを撮った写真が何ヶ所もあります、、同じところに行ってるんだから当たり前か^^。
    私の記事を見られたのなら、 『勝った~!!』 と思ったでしょう~~!!
    色が全然違いますね。 私の方は 2月だったと言うこともありますが、ガンデジとコンデジの差歴然としていますね。  あほたん、、いくらカメラがよくてもツマラン、ウデじゃ腕、 腕のチガイじゃよ><。  いいですよいいですよ、優越感に浸らせてあげましょう^^。

    私は2度とも 『無我』 の展示のある日を確認していきましたよ。  一度目はシーズンでツアー客と一緒になり、人の波に押されながらの一回りで、 何も見ていない・・・気がします。
    二度目は、もう行くことはないだろうと思って、平日に5、6時間居たような・・・?
    中を歩けないので、庭と思って見ると厭きそうですが、 絵画と思って見ると美しさは抜群ですね。  それには季節・時期も確認していくべきでした、2月ではちょっと寂しかった。
     
    お土産に買ったA4を二つ折りにしたクリアファイルが、 カバンに入れて持ち歩くのにとてもよかったのですが、 パンフレットからという写真の4図柄、 これが全部そのファイルの図柄です。  これを買いにもう一度行こうかしら^^?

    秋祭りの寸景、 いいチャンスに出会いましたね。  先日のnaoさんのスポーツ野球少年の列もそうですが、すかさず写真にするところが素晴らしい!

     
    • haw小太郎

      2011年10月3日 at 9:16 PM

      fujimさん こんばんは^^。
      足立美術館までの道中はすごい田舎だったのに、ここは賑わっていました。
      それで、やっぱり人気があるんだな~と納得しました。
      ここならfujimさんはきっと来ているに違いない^^とnaoと話しておりましたが、
      やっぱ当然ですよね~美術愛好家のfujimさんならここは外しませんよね~^^。

      さすがにfujimさんの記事は見事な紹介記事になっていて、足立美術館を知らない人が見ても
      よ~く分かると思います。
      ほんで茶室まで!・・私らは当然パスしました。。お金も時間もないので・・><。
      庭園は綺麗でしたね~!!青空で光が良く当たっていましたので、写真になったんでしょう^^。
      もう少し秋が深まれば紅葉もあり、雪景色もまた素晴らしいでしょうね~。
      この庭は絵画と思ってみる!・・確かにそうですね~、、まさに掛け軸や額縁の庭は絵画でした。
      ・・ほんでも庭を歩いてみたいという欲求に駆られました^^。。まだまだfuさんの域には程遠いっす><。

      庭園もいいですが、やはり大観の本物の絵を見たのは良かったです。
      無我は高校の教科書で見た記憶があって、えっこれ大観だったか?・・というくらいの音痴でして・・
      一生懸命探したんですが、今回は架かってなかったですね~><。
      もう少し近ければ、また見にいくんですけどね~。。

      秋祭りは葬列だとばかり^^。田舎なんで葬儀の風景も違うんかと思って、車を脇にとめて撮りました。
      良く見ると前方の丘に神社の紅白の幕が見えました。秋祭りでした^^。
      確かに、これもまた旅のいい出会いですよね。

       
  6. Pu'uwai

    2011年10月4日 at 11:14 PM

    こんばんは
    足立美術館の迎賓の庭は素晴しいパノラマ写真ですね。
    小太郎さんの腕と快晴の写真日和があってのこの一枚、しっかり絵になってます。
    又、額縁が決まってる。黒く太い枠は写真を引き立ててますが、
    何より写真の素晴らしさが負けてないのですね。 良い勉強になりました。
    風景はやっと撮ってみようかなの入り口に立ったところです。
    ここで眼デジ手にして間もない小太郎さんの写真を見て正直言って 「やられた」 

    横山大観は水戸の人だから、若い頃に何度か作品展を見てました。
    色を抑えた作品をたくさん見たような記憶があります。 水戸の誇りです。

    こちらを見て、fuさんの足立美術館も改めて読み直しました。
    fuさんらしい丁寧で細やかな紹介記事を懐かしく読みました。
    あの頃は、fuさんも私もコンデジでおずおずと写真道に足を踏み入れたものです。
    今、これほど写真にのめり込むとは夢にも思わなかったですねぇ。

    奥出雲おろち橋・・・・橋の真ん中に 「おろち」 の顔がありませんか?
    白椿大橋・・・つり橋はこれですよ。 

     
    • haw小太郎

      2011年10月5日 at 8:30 PM

      Pu’uwaiさん こんばんは^^。
      迎賓の庭?って言われるので探しましたよ~、最後の写真がそうでしょうね~^^。
      ほんでまたまた・・褒めすぎですぃね~~、、痒くなりますのでどうか辛口で、イヤイヤ中辛、、微辛くらいで^^。
      風景撮るのは何も考えておりません。風景モードにしてシャッター押すだけです><。
      写真がいいとすれば、やはり青空とカメラも?でしょうか^^。

      あと、庭の写真は足立翁の次の写真以外は全部ガラス越しで撮ってますが、
      物凄くガラスが綺麗に磨かれていて吃驚!でした。

      横山大観は水戸出身でしたか、私は大観のことは良く知りませんでした><。
      日本画の巨匠で富士山の絵が思い浮かぶくらいでしたよ。
      無我という絵が大観とはつゆ知らずで・・それで無我は3作あるそうですね~これまた知りませんでした。

      fuさんの足立美術館はきめ細やかで、誰が見ても「ふんふんこんなところなんだなぁ~」と伝わりますよね^^。
      見る人にすごく配慮されてて、私なんぞの自己満足記事とは大違いでした。

      おろちループの橋に「おろち」の顔ですか~??えーーっ、無いようですがね~。。
      また何か・・ひっかけました~??

       
      • Pu'uwai

        2011年10月5日 at 9:39 PM

        あははは 小太郎さん 用心深くなりましたね。
        私は、fuさんや照れまんさんと違って頓智はきかないからまじめな話です。
        やっぱり、この橋には八岐大蛇ヤマタノオロチの顔がありますよ。
        http://photozou.jp/photo/show/626792/86157096

        「風景モードにしてシャッター押すだけです」
        これでこんな素晴しいフォトが撮れるのはお天気とカメラですね。腕は関係ない!ちょっぴり安心しました。 
        ガラス越しだとフォトの切れが悪くなるけどそんな事一切感じさせないのは、美術館側の維持管理が良いからですね。一番上の額縁入り写真は構図もコントラストも申し分ないと私は思いました。ハァーとため息でしたよ。

         
      • haw小太郎

        2011年10月5日 at 11:20 PM

        Pu’uwaiさん どうもー蔵のリンクありがとうございました。
        いやいや蔵ってなんでもあり!なんですねー@@
        DSC00466は写真が中サイズしか見れませんね。。なんかあるんでしょうね~。
        それで、もう一度アップした元写真を拡大してみましたら、緑のおろちの絵がありましたよ^^。
        どうもどうもです、見逃すところでしたよ!!
        そうですよ、私の場合は天気とカメラですよ^^。すこし言えば、額の写真は立ち位置で構図が全く変わるのでね~
        それなりに構図を考えて撮りました・・ですかね~^^。
        それと、ヴィオリン弾きのモデルは照れまん君で間違いなしですよ~@@

         
  7. 照れまん

    2011年10月5日 at 12:04 PM

    きょう ラジオを聞いていたら おろちループ橋 と言うのが出てきた。
    全国版の放送だよ。
    おろちループ橋 と言うのは 橋愛好家の中では 有名な橋なんだね。
    どっかで聞いた名前だと 小太郎さんのところを見たら あった~。アップしたところだったね。
    これこれ、と思って もう一度まじまじと見ました。

    足立美術館は うちのお袋が行ったことがあってね、物凄い感動して帰って来た。
    一度行ってみんさい すごいよ~!と言っていたのを思い出します。
    観光バスがいっぱい止まっていて、田舎なのに信じられないほど人がいた、と驚いていました。

     
    • haw小太郎

      2011年10月5日 at 8:57 PM

      こんばんは^^。
      ラジオの全国放送といえばNHKのAMだろうね~??
      橋愛好家?がいるんでしょうね~どんなものにも愛好家がいるから世の中面白い^^。
      国道314を走っていると、この先おろちループ、という標識があって、何じゃろうか??
      と思ったが、国道が二重ループで標高差をカバーしてたわけよね。
      ほんで下まで降りて後ろを見たら、「橋があんな高いところにある」とパチリと撮った写真でした。
      そんなに有名だったなら、道の駅に寄ってみればよかったと思いましたよ。

      足立美術館はお母さんが行かれてましたか~、さすがにそうかもね~^^。
      「違いが分かる」お母さんだったからね~、うちのお袋なんか感動どころか勘当!!てなもんで^^。
      ここは昭和45年の開館というから、、いつ頃行かれたんでしょうかね~。
      たしかに、鄙にもまれな?施設でしたよ。

       

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。