RSS

松江玉造の旅~その2

06 10月


♪~出雲名物 荷物にならぬ 聞いてお帰り 安来節~♪

DSC_0528

♪~松江名所は 数々あれど 千鳥お城 嫁ケ島~♪

-安来節(やすぎぶし)より-


星星

松江城(千鳥お城

・・というわけで、足立美術館を出て12:30頃に松江城に着いた。
とりあえず松江城脇の物産店でランチ(出雲そば)をしてお城に入った。

DSC_0337DSC_0338
松江城は鉄筋コンクリートではない天守閣が現存しているので、楽しみにしていたのだが・・

DSC_0346
天守閣の左の林を飛ぶ野鳥の影を発見!!・・やむなく^^松江城公園を散策することにした。

星

松江城の野鳥

DSC_0362
まずはコチラ、白木山で会ったエゾビタキのようだ。
DSC_0563DSC_0383

DSC_0451
こちらは数か月前にもみの木森林公園で見たエナガでしょう。
DSC_0414DSC_0429
その他に、松江城公園ではヒヨドリ、シジュウカラ、コゲラ、ヤマガラが確認できた。
松江城の野鳥を楽しみすぎたおかげで、
天守閣にはとうとう入らずじまいだった><。

DSC_0350

星

玉造温泉

松江城を出て宍道湖を右に見ながらR9を走り、玉造温泉に着いたのは16:00頃。 DSC_0478
玉造は3月に続き2度目、私は今回は違う温泉にと思ったが、naoはよほど気に入ったらしく・・

河原の足湯

DSC_0481DSC_0482DSC_0483
河原の足湯に浸かる人々・・温泉街ならではの風景だ。

星

どじょうすくいショー

宿の方から、「珍しくは無いでしょうけど、8時半からどじょうすくいショーがあるのでどうぞ」と聞き・・
なのなんの超がつくほど珍しいので・・勿論観に行った^^。
DSC_0523
会場はすぐ近くの温泉施設「ゆ~ゆ」で木戸銭は500円(手拭付き^^)。
初めて観たどじょうすくいは・・これはもう名人芸という他は無く・・まさに芸術だった^@@^。

DSC_0526DSC_0532
↑動画はyou-tubeにあると思います^^。最後は観客有志によるどじょうすくいのお稽古↑
*観客有志は先着5名で稽古の後に修了証が頂ける。今回の5名の方は皆さん関東以北から来られていた。

星

湯之助の宿 長楽園

この宿は前回(3月)日本一の露天風呂というフレーズに誘われて来たのだが、
naoはよほど気に入ったらしく・・何がって、露天風呂に布を巻いて入れるのが嬉しいらしい?@@?

DSC_0477DSC_0476DSC_0538110925_170743DSC_0501
棟方志功の額絵・・大露天風呂を一人占めしてゆっくりと・・庭園の散策もまた良し・・まさに非日常の時が流れる。

IMG_4792DSC_0507DSC_0513

日本一広い露天風呂・・かどうかは分からないが、確かに落ち着けるいい宿だ。

DSC_0492

翌日は早朝から温泉に浸かり7時に朝食。旅宿での朝食ほど美味しいものはない。

IMG_4840IMG_7840

特に鯵の干物はこの宿自家製だそうで、肉厚で・・とにかく絶妙の味だ。

星星

玉造からの帰途は往路と同じルートを走る。まずは玉造周辺を見て再び松江に向かった。

玉作湯神社恋叶い橋

image
玉造温泉には願い石叶い石、それに恋叶い橋恋叶いの素(鯉の餌)・・
・・といった女性好みのスポットが溢れている^^。

 宍道湖(嫁ケ島

DSC_0548
嫁が島を望める唯一のパーキングエリアなのだが、どうも・・背景と重なり・・IMG_7874
・・車中からnaoが何とか嫁が島をGETしたので、心おきなく^^松江を後にした。

星

亀嵩駅(カメダケ、JR木次線、島根県仁多郡奥出雲町郡村)

松本清張の「砂の器」は「カメダ・・」という謎のキーワードからストーリーが展開していく。

昔から亀嵩には行ってみたいと思っていたが、山峡の地でとても行けそうもない気がしていた。
ところが今回、意外にもR432沿いに亀嵩があることを知り、立寄れるのを楽しみにしていた。
IMG_7881
亀嵩駅は小説のイメージを維持していた。駅舎にはサイン色紙が壁中に貼られた食堂がある。
中に入ってみると、
清張ファンらしき若い女性と年配の男性がロケ地図を見ながら話されていた。

星

広島県民の森(広島県庄原市)

最後に広島県では有数の野鳥スポットと言われる広島県民の森に立ち寄った。

IMG_7884
野鳥の姿は無かったが、このレストランで食べたランチは意外にも・・
「こんな山の中でこんなオシャレで美味しい料理が~@@」というほど美味しかった。
ビーフシチューに地鶏のソテー、抜群の味で財布にも優しい。写真を撮れば良かった><。

オオウラギンスジヒョウモンキタテハ

レストランで野鳥がいませんね~と聞いてみると、皆さん日の出の時間に来られてますよ。
・・と言われ・・すぐ下の橋によくヤマセミが止まっていますよ。・・とも言われたけど・・いませんでした^^。

星星

以上で松江玉造の旅は完結です・・こんなドタバタ記事にお付き合い頂き有難うございました。・・お疲れ様でした>;<。


バラバラ

naoの我が家の花写真

IMG_7895IMG_7909

↑昨年はなぜか咲かなかったけど、今年はなぜか^^咲きました。植物公園で買った撫子。↑

星星

see you next

広告
 
14件のコメント

投稿者: : 2011年10月6日 投稿先 旅行, 松江

 

松江玉造の旅~その2」への14件のフィードバック

  1. 照れまん

    2011年10月6日 at 9:56 PM

    こんにちはー
    小太郎様御一行 リッチな旅行 第2弾!パフパフ だねえ!!

    ところで、どぜう掬い をしている人は  野田さんと言う人じゃなかった???
    え~、知らん!   ほうれっか~。

    きっちり 野鳥も押さえているねえ。
    説明に  コガラ  とあるけど、当然 小柄 な鳥よね??
    最近も 砂の器 はあったね。多少 後半は違っていたけど、盛り上げる為には あれくらいがいいんだろうね。
    Naoチャングムも だんだん写真が上手になって来たよね。
    そういうことで、また・・・・。

     
    • haw小太郎

      2011年10月6日 at 11:07 PM

      照れまんさん こんばんは^^。
      どぜう・・そうやね~料理屋の暖簾には「どぜう」が普通ですよね~
      まったく風流気がないもんで、どうじょうもないよね~??
      ほんで、どじょう内閣!・・まさに時事感覚もなくてメンゴメンゴ><。
      ほんでまた、コガラ!小柄はまだ見たことないのよね~
      そうそう見たのは啄木鳥のコゲラでした(訂正しました~汗)。

      砂の器、最近のって中居のかな~?それは見てないけど、ドラマでは田村正和のを覚えている。
      確か、原作は音楽家だけど役者の設定だった。
      小説が映画やドラマ化されると、原作よりもドラマのイメージの方が強く残るよね。。

       
  2. プウバイ

    2011年10月6日 at 10:35 PM

    いやぁ~天守閣よりもエゾビタキですか。小太郎さんらしいですね。
    エナガがかわいらしく撮れてます。木の実が多い今からしっかり食べて冬支度ですね。

    「どじょうすくいショー」 観たい! 
    コスモスさんが安木節はとても難しいのだと言ってました。
    三味線、太鼓のお囃子にコミカルに踊るでしょう。
    ちょっと、踊りのお稽古は引いちゃうけど、そんなこと言ってちゃまだまだよね。

    naoさん 「嫁が島」うまく写しましたね。
    ネット検索すると、ここの夕日が素晴しいですね。
    「砂の器」 一世を風靡しました。松本清張シリーズは大抵読んだはずなのに何も覚えてない。
    映画も多かったですね。

    naoさんお誕生日おめでとう
    ご夫婦で仲良く記念旅行できるのが良いですね。
    最高の幸せだと思います。

     
    • haw小太郎

      2011年10月6日 at 11:49 PM

      Pu’uwaiさん こんばんは^^。
      ゲストになってますがログインしてないのかな?

      松江城は姫路城のように天守が現存してるので入って見ることにしておりました。
      ところがnaoが入場券売り場で小泉八雲館とか共通券にしようか迷ってる間に・・
      私は野鳥が飛んだ林の方に行ってしまいましてね~><。
      ほんで、私は鳥撮りに・・naoは土産物屋に・・となりました^^。

      どぜう掬いは私は写真を撮るのに必死で、殆どファインダー越しにしか見ておりません><。
      ショーの前半は民謡だったので、そういえばコスモスさんやpuさんの三味線やお唄も
      こんな感じかな~と思いましたよ。
      どじょうすくいの唄は確か安来節だったと思いますが・・きれいな、いい歌声でしたよ~^^。

      嫁が島の夕日は松江側からと思いますが、松江側からの夕日は時間的に早かったですね。
      なので松江に向かっての朝の嫁が島を・・となったわけですが、幹線道路なので苦労しました。

      清張は独身時代に殆ど読み漁りました。
      それで今回改めて砂の器の本を探しましたが、これだけが無いんですよね~^^。
      内容はうろ覚えで、頭に残っているのは田村正和と流浪する親子と亀嵩・・くらいかなぁ><。

      お祝いのお言葉どうもです^^。
      昨年の今頃のnaoは今年の誕生日は無い・・という感じでしたからね~^^。
      そのことを思えば、ささやかな旅も最高の贅沢?かもしれませんね。

       
  3. 照れまん

    2011年10月7日 at 5:27 PM

    こんにちはー
    小太郎さんの  パカパカパカ、パカアルネ~!
    松江城に行って 天守閣に登らないなんて、  ニイじゃいけないんですかって言う山口県知事 二井知事みたいなもんじゃない。
    または、ドジョウ救いをしているのに、家に帰ると奥さんに足元を掬われているお父さんみたいな・・・・??
    又は  カメラを持ってない 小太郎さんみたいなもん???
    何のコッチャ、ようわからんなったが、松平不昧公が ここに登って下々の者の暮らしを眺めていた??
    まあそういうことで 不味かったね??
    え~っ、何、 鳥が撮れたからよかった。
    それは、よう御座いました。 
                キタテハ Good!!

     
    • haw小太郎

      2011年10月7日 at 8:09 PM

      照れまんさん こんばんは^^。
      松江城は千鳥城というだけあって鳥がおるんですぃね^^。
      事前に島根の野鳥スポットとしてチェック済みでしたよ。
      それで松江城は重要文化財なんだけど昔は国宝だった。
      なので今は松江城を国宝にしよう!という運動をしているようでした。
      国宝になれば全然違うんでしょうね~。。
      天守閣には上がらなかったけど、少し前に世界遺産の天守閣に上がったので、、
      まー似たようなものだろうと??(コラコラ・・失礼でしょう・・)
      ですが松江城はいいお城です。お城の姿も周囲の緑も素晴らしいね。
      こちらも広島城があるんだけどね~・・・・・・・。

       
  4. 昔の乙女

    2011年10月7日 at 5:45 PM

    こんばんは。
    松江城が真っ青な空に映えて綺麗だわ(^0^)v
    新総理就任以来どじょうが再認識されてどじょうすくいも人気が出てるでしょ?
    温泉に泊まり美味しいものを食べて、
    リフレッシュできたでしょうね。
    家にいるときよりも宿で食べる朝食が美味しいのは何故なのかなぁ~

     
    • haw小太郎

      2011年10月7日 at 8:37 PM

      乙女さん こんばんは^^。
      松江城は歴史の重みでしょうか、趣があり風格を感じました。
      この日は幸い青空だったので写真もよくなったのでしょう。
      どじょうすくいショーを見られたのは良かったです^^。
      安来節の唄もいい響きでしたしね。
      ドジョウと言えば新総理、党首選の時にはこの顔くらいかな~と思いましたが、やっぱりでした。
      それでそのあとがね~、なんでドジョウなの?と思いましたよ^^。
      旅宿での朝食は全然違いますよね。普段朝はコーヒーとパン一齧りなんですけど、
      旅宿では必ずご飯3回以上お替りします^^。。
      やはり、たまに・・だからでしょうね、毎日だったらとてもとても・・と思います。

       
  5. ❤ちえたん

    2011年10月7日 at 7:56 PM

    小太郎さん♪ こんばんわ^^

    愛妻ちゃまとの玉造温泉旅行~♪
    楽しまれた様子が伝わってきました^^
    二日間で、色んな所を観光し見て周られたんですね^^
    私も数年前に同じ場所へと行ったけど
    行った事のない場所ばかり~><
    「恋叶い橋」、行けば良かったなっ!(・∀・)ニヤニヤ
    やはり、事前の下調べを十分されて出かけられたんでしょうね?
    そのまぢめさ!羨ましいです^^
    小太郎さんの爪の垢でも煎じて飲まなければ・・・・・・・(-。-) ボソッ
    泊まられたお宿が、アソコなのですね^^
    そうそう、日本一の大露天風呂が有名ですね^^
    露天風呂のフォト・・・・カメラ持ち込んで撮られたの?
    まさかねぇ~~^^;
    お料理も、見た目綺麗な盛り付けだし、お味もバツグンンですよね^^
    そしてお庭には、可愛いあの子やこの子が居そうな予感がする木々!
    私も是非、また行ってみたくなりました^^
    松江城で、エゾビタキちゃんに逢われたんですね^^
    綺麗にくっきり~♪ 流石です!
    もっとカメラのお勉強しなくては。。。。。
    無理かな?だって、鳥を追っかける事が忙しいんですもん(大汗)

     
    • haw小太郎

      2011年10月7日 at 9:58 PM

      ちえ師匠 こんばんは^^。
      今回は色んなところを観光したように見えますが、実は足立美術館と松江城くらいです。
      後は殆ど通り道にあるスポットに少し寄っただけです^^。
      玉造は今年2回目なので大体歩いておりました。
      宿の上の方には史跡公園もあって前回も今回も鳥見しました^^。
      恋叶い橋って、まーその~温泉組合のアイデアでしょうけど?、若い女性がちらほら来てますよ^^。
      ま、ちえたんには全~く無関係です!・・キッパリ(笑)

      宿はちえたんや棟方志功や皇太子?が泊ったあそこでした^^。
      露天風呂のフォト?・・ギクッ・・露天風呂は撮影禁止です!
      ですが・・全く一人風呂状態だったので、出がけに携帯でパシャ・・(ナイショです><)

      そうですね~ここは料理も不満は無いですね^^。
      特に朝食のアジのあじ?は最高です^^。持って帰りたいと言ったんですけどね・・無理でした><。
      ちなみに、部屋の写真と朝食の写真は3月のものですが、殆どsameでした^^。

      松江城では楽しめました^^。道中それ以外は全くダメだったのにね~、松江城は違いました。
      写真はまだまだですけどね・・ボソッ。。ちえ師匠のピンバシ写真を励みに頑張ります!!

       
  6. fujim

    2011年10月8日 at 12:21 PM

    小太郎さん こんにちはー
    どじょうすくいショー を見たのはもう何年前でしょうか・・・・ 研修出張で山陰に行ったときに半日時間が取れて、観光バスの半日コースを利用したなかに どぜうすくい の鑑賞?も入ってました。 使っていたのは五円玉だったような?

    松江観光は足立美術館の前日に、観光ループバス を利用してしましたよ。
    松江城は ぐるっと松江「堀川めぐり」 で船の上から見ましたネェ・・・ お城の写真も船からの写真。 宍道湖は島根県立美術館2階展望テラスから眺めたけど、あいにくのお天気で夕日は見られなかったですよ。  嫁が島が重なってますけど宍道湖はいい色が出てると思います。
    こうして小太郎さんのブログを見ていると、また行きたくなりました。  山陰地方にはもう何度も行ってますが、厭きませんね。  若い頃から行ってたし、中国地方と言うことで親しみがあって、暫く行かないでいると行きたくなります^^。

    おかしいなぁ・・?? 小太郎さんの蝶々、ピントが合ってますネェ・・・?
    私のガンデジでは合わないんですけどネェ・・・・

    なぜか咲いた彼岸花もいいですが、色・模様のきれいな立派な ナデシコ ですね!@@!
    小太郎さん、休日の度にカメラ引っさげてどこかに出かけてますね^^。
    休日に出かけて家に居ないのは世の男性には多いもんでしょうけど、 いつもnaoさんと一緒というところが小太郎さんの違うところですねぇ。  素晴らしい!☆☆! 

     
    • haw小太郎

      2011年10月8日 at 8:52 PM

      fujimさん こんばんは^^。
      fuさんなら山陰地方はもう行くところがないくらい?行かれたんじゃないですか~^^。
      私も山陰は大体廻ったと思ってましたが、道をぐるりと周回しただけのようです。
      ポイントを定めてじっくり行けば、まだまだ星の数ほどいい所があるように思いました。
      山口も広島もそうですけど・・大島だってまだまだ新発見がありますからね~。

      松江城の舟めぐりはnaoは乗りたかったようですけど、堀川の上じゃ鳥が撮れんので却下です^^。
      堀川めぐりはfuさんの記事で堪能できましたよ~^^。
      それで美術館ありましたね~、あそこからが嫁が島の夕日スポットなんですね~!!

      蝶はピント合ってますか?・・なら良かったですけど。
      蝶も鳥もピントバッチリはなかなかむづかしいですね~
      ほんで、全体の一部にしか合わないことが殆どです。望遠だからでしょうかね~
      >私のガンデジでは合わないんですけどネェ・・・・
      またまた んなことは無いでしょうに^^。

      えーと、この半年、休日のたびに家を空けて鳥撮りに出かけてまーす。
      ですが、naoはついてくることはまず無いです。ついて来られちゃ鳥撮りになりませんので^^。
      naoと一緒は大島に帰る時くらいでしょうかね~
      なので、”たまにはどっか連れてけ~~”となるわけですよ><。。

       
  7. saganhama

    2011年10月8日 at 8:20 PM

    こんばんは(^^)
    中国地方は兵庫県(もしかして関西かな?)しか行った事がないので、小太郎さんの記事
    楽しみに見せて貰ってますよ。私は鳥よりも旅記事の方が・・・・(笑)
    ドジョウすくいショーも一度はこの目で見たいもんですよ。来年は車で中国地方一周
    なんてやってみたいですが、実現出来るかどうか?
    「好きこそ物の上手なれ」って言いますが、鳥も蝶も撮影のレベルが日々上昇してますね。
    鳥図鑑がアップされる楽しみに待ってますので、野山や海へお出掛けに成ってパチパチ
    撮りまくってください。
    松江城は木造のまま保存されてるんでしょうか?だとするなら高知城と同じですね。
    折角の過去の時が見れる場所へ行かなかったのは惜しいですよ。松江の方が高知よりも
    遥かに大きそうだし、内部を観る価値は有ったと思いますよ。
    青空をバックのお城は何処のを観ても気分爽快に成ります。天に向かって伸びる物には
    不思議な力を感じます。
    我が家の花写真、デジイチに負けてませんよ^(ノ゜ー゜)ノ☆パチパチ☆ヾ(゜ー゜ヾ)^

     
    • haw小太郎

      2011年10月9日 at 8:36 PM

      hamaさん こんばんは^^。
      中国地方は未踏の地ですか・・それじゃいつかはどこかに行かんといけんかも^^。
      車で中国地方一周!!それは是非お願いしますよ。
      宮島あたりに来られたら横断幕で応援しましょうかね~^^。
      関東あたりからは中国地方を飛び越えて九州でしょうかね~ヤッパリ・・
      私も東北行くなら北海道へ・・と思いますので。(私も北海道を車で一周するのが夢です^^)
      それでも玉造のどじょうの飛び入りの方たちは茨木、栃木、山梨、千葉、神奈川・・
      から来られたそうで、中国、関西が一人もいないのはやや意外に思いました。

      松江城は・・現存しているお城・・といいますから木造でしょうね。
      木造のお城といえば姫路城に登りましたが、素晴らしかったです。
      何と言いましょうか、江戸期のままというだけで、昔の侍がそのあたりに居そうな気がしました^^。
      なので、今回は森の誘惑に負けたということで・・天守閣は次回の宿題にしておきます??

      高知城は・・確か、はりまや橋と・・子供のころに行ったような??いや~どっちにしても記憶にないので、
      行ってみたいですけどね~、桂浜もね~~、、でも晋作じゃなくて龍馬ですのでね。。

      写真は褒めて頂き有り難いですが^^まだまだ納得できるまでは遠~~いです><。
      花写真もまだまだでしょうけど、使える写真が少しは増えてきたかも??

       

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。