RSS

緋連雀と海秋沙

13 2月

2月11日 日本書紀によると紀元前660年のこの日に神武天皇が即位したという。
その建国記念日、我が家近くに緋連雀がやって来た。近所で緋連雀を見るのは2年ぶりの事。

★★

ヒレンジャク(緋連雀)

HAW_3020

我が家から撮った連雀。数えてみると35~6羽の団体さんのようだ^^。

HAW_2813

クロガネモチの木だろうか、赤い実に群がる緋連雀。

HAW_2840
ヒレンジャク:スズメ目レンジャク科(日本では冬鳥)

緋連雀の雌雄は後ろから見ないとよく分からないそうだ。HAW_2798HAW_2811
↑こちらが♂で・・  こちらが♀らしい↑

緋連雀♀HAW_2995
↑こちらも♀ですが、そういえばそんなお顔かも^^。

緋連雀♂HAW_3012
で、↑こちらが♂ですが、そういえば男らしい顔でしょう^^。。^??^。

HAW_2905

緋連雀の串刺し~^@^

HAW_2861HAW_2942

まん丸とよく太って見えるけど・・シベリアに渡る前に体力つけないとね^!^。

HAW_2994

今年はこの辺り各地で緋連雀の飛来が見られるようだ。


★★

2月6日 海秋沙が泳ぐ海

潮風公園(岩国市由宇町)

DSC_5453

潮風公園から周防大島を望む。右端に嵩山、中央寄りにうっすらと白木山。

周防大島・道の駅

DSC_5457
嵩山

DSC_5463DSC_5465
          ↑白木山                 平日だからか寒さのせいか閑かでした^^。

 周防大島・和佐

DSC_5475

ここを通るたびに、ウミアイサは来ていないかと探すのだが・・いました!見つけました^^。

ウミアイサ(海秋沙)HAW_2754

少し沖合で遠いけど・・この海でウミアイサを見るとなぜかホッとする^^。

HAW_2764

今年も春先までウミアイサウォッチが楽しめそうだ^^。

HAW_2765

ウミアイサ(海秋沙):カモ目カモ科、冬鳥

周防大島・外入

イソヒヨドリ♀HAW_2769

仙人宅裏から今日は・・何だあれっ?・・どうやらイソヒヨドリ♀ですね^^。


小太郎懐メロ館

vol.64   YMの家で

これは問題作^!^・・のようですが、なんのことはない・・あっけらかーん・・とした世界です^^。

image


★★

see  you  next

広告
 
10件のコメント

投稿者: : 2015年2月13日 投稿先 , 周防大島, 廿日市

 

緋連雀と海秋沙」への10件のフィードバック

  1. 昔の乙女

    2015年2月13日 at 11:39 AM

    こんにちは。
    緋連雀の串刺しには(爆笑)
    それにしても綺麗に並んだわね(^0^)パチパチ

     
    • haw小太郎

      2015年2月13日 at 9:14 PM

      乙女さん こんばんは^^。
      緋連雀の串刺し、串刺しという表現は焼き鳥を連想して・・ちょっとまずいかなと思いましたが、
      (爆笑)で安心しました^^。
      緋連雀の団体行動は綺麗に揃ってて、新体操(団体)を観てるようですよ^@^

       
  2. fujim

    2015年2月13日 at 7:51 PM

    こんにちはー
    緋連雀の♀、エー?「そういえばそんなお顔かも」って?
    ほかの♀緋連雀はえらく凛々しい顔に見えるんですけど・・・(^^。 ♂の顔が分かりませんねぇ(ーー。
    ホンマに串刺し~^@^~ 渡り鳥だから尚のことバラバラにならないようにしてるんでしょうねぇ。
    ときわ公園のユリカモメは並んでてもタマに反対向いてるのもいましたが、緋連雀は向きまで同じですね。

    ウッ海秋沙・・・ もう一年経つんですね・・・ 仙人さん宅に月参、ありがとう~~。

    な~んだ、ドンドンと二人の上から乗っかってやらなかったのか・・・と思いながらYMの家の炬燵から出て、
    NHKアサいちを見てると、特選!エンタのコーナーで 忌野清志郎さんが
    ♪こんな夜に おまえに乗れないなんて こんな夜に発車できないなんて・・・♪
    と歌ってるではないですか@@!
    ん? 忌野清志郎さんは、haw小太郎さんと張り合ってたの~~? (^^へへ勘ぐりすぎか。

     
    • haw小太郎

      2015年2月13日 at 10:06 PM

      fujimさん こんばんは^^。
      緋連雀はあまり人を怖がりません。なので近くで200枚以上写真を撮りました^^。
      ですが、殆ど前を向いてる写真ばかりで・・雌雄が確認できるものを探すのに苦労しました^^。
      前から見た顔は♂♀どう見ても一緒です(・・;)
      で、♂だと確認できた写真も一枚だけでして・・^^追加させていただきました^^。
      緋連雀の団体行動はキビキビしたものですよ^@^
      リーダーがピーッと笛を吹いたら、全員がサーッと赤い実に食事に行って、ヒヨドリやカラスが来ると
      又リーダーがピーッと笛を吹いて、全員がサーッと近くの電線かアンテナに集合^!^
      ・・そんな感じです^^。自然界を生き抜く知恵でしょうけどすごいし、面白いですね~^^。

      海秋沙は年末頃から、いないかな?と探してましたが、長調さんのブログを見て、来てるのを知りました^^。
      仙人は長いこと音をたてませんね~、困ったもんです^^;;

      ♪こんな夜に おまえに・・もしもしfuさん、表現ちょっと過激すぎませんヽ(*´∀`)ノ
      忌野清志郎とは同い年ですが2009年没でしたか。。♪ボクの 好きな センセー ~♪ ですよね。
      「僕の好きな先生」はそんなに古くないと思ってましたが、1972年だったんですね~。。
      なら、YMの家・・の頃は忌野と張り合っていたかも・・^?@?^

       
      • fujim

        2015年2月14日 at 5:57 PM

        お!なるほど!! 雄の立派な写真をありがとう(^^。
        こうして比べると、目つきもですが タシカに口元の厳つさが、
        ♀に比べて一味違うのが分かりますね、 男らしい・・・^^。

        忌野清志郎さんとは同い年でしたか。
        「雨あがりの夜空に」は1980年らしいので、やっぱhaw小太郎さんの後を追ってたんだ~~。
        いえいえ、過激さではhaw小太郎さんの方が勝ってるでしょうヽ(*´∀`)ノ。 

         
      • haw小太郎

        2015年2月14日 at 6:28 PM

        fujimさん こんばんは^^。

        緋連雀の♂の写真をアップしていないのはNGでしたね^;^
        ♂の写真を探して何とか一枚見つけました。
        緋連雀の雌雄は正面からだと、喉元の黒班でも判別できるようです。(メスは、黒斑の下端の境界が曖昧である)
        なる程♂の喉元は凛々しいですね^!^
        「雨あがりの夜空に」・・これは聞いたことあるような無いような・・ですが、
        過激さではfuさんが忌野を超えて・・No.1!でしょうヽ(*´∀`)ノ。 

         
  3. kerocatcyan

    2015年2月13日 at 9:25 PM

    こんばんは。
    ううーん、、、ほんとですね~~緋連雀の皆さん、規律正しく整列してますね^@^(笑) 串刺し!!って –(^ー’*)bナルホド! お上手^^パチ☆☆パチ
    それにしても、三枚目からの緋連雀♀さん方のお顔から歌舞伎役者の風貌を思い浮かべてしまいました^!^ 人の歌舞伎役者は女形ですが、緋連雀♀さんは男型??なんって、バカなことを・・?? (苦笑;;

     
    • haw小太郎

      2015年2月13日 at 10:39 PM

      keroさん こんばんは^^。

      私がこれまで見た団体で行動する野鳥は、この緋連雀、花鶏、真鶸、柄長、雀、鳩・・くらいですが、
      その中では緋連雀が一番規律正しい団体さんだと思います^^。
      串刺し!他に表現はないか?と考えましたが・・串焼き!よりはまだいいかと思いました^^。
      言われてみれば・・そうですね!確かに歌舞伎役者の風貌してますね~^^。
      これもまた自然界を生き抜く知恵??・・じゃないでようけど、ホントに自然界は不思議が一杯で、野鳥に惹かれる所以です^^。

       
  4. saganhama

    2015年2月14日 at 10:07 AM

    (‘-‘*)オハヨ♪ございます。
    緋連雀、こちらでは見た事がないので調べてみたら、東の地域は黄連雀が多いとか。それさえも私は見た事がありません(^^ゞ 集団で居るから生息数も多いのかと思いましたが、繁殖地であるシベリア方面の環境破壊が進んでいて絶滅危惧種に成ってますね!! なので姿が見られない年もあるそうなので串刺しの写真は貴重だと思いますよ。2年ぶりに遭遇されたと言うのも頷けます。

    ウミアイサのいる海・・・道の駅閑散としてますね。流石に気温の低い日は人も家にこもってるようで。。。
    緋連雀と同様にウミアイサも冠を持ってますね。鳥の世界では男子がお洒落をすると言うのが常識の様で目立つ姿をしてますが、それだけ外敵に狙われる確率も高くなるのではと思いますよ。人間界と同様、男子が生きていくと言うのは厳しいですね(T▽T)アハハ!

    仙人さん宅の訪問の様子アップ有難うございます。こんなこと言っては何ですが、生存の確認が出来てホッとしますよ。。。。(⌒∇⌒)

    今回の曲は恨み節でしょうか?私はこの様なシチュエーションではとてもその場にいたくないですよ。この様な女子はサッサと諦めて気持ちをチェンジした方が良いと思いますが、現実は色々とあって難しいですけどね( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

     
    • haw小太郎

      2015年2月14日 at 6:01 PM

      hamaさん こんばんは^^。

      緋連雀は3年連続で見てますが、近所では2度目です。
      最初に近所で緋連雀の群れに遭遇したときは、1羽だけ黄連雀が混ざっていました。
      なので今回も尾っぽが黄色い連雀を探しましたがいませんでした^;^
      なるほど、緋連雀は絶滅が危惧されてるようですが、これからも毎年緋と黄の連雀が来て欲しいです^^。

      ウミアイサのいる海、大島でも森山には野鳥がいないので海の写真を撮りました^^。
      ようやく今年もウミアイサを見つけてホッとしました^^。

      道の駅を抜けたところにある屋台ですが、最近はここのフィッシュバーガーに凝っています^^。
      この日は平日なので2軒ある屋台のうち営業しているのは1軒だけでした。
      道の駅自体は平日のこの日でも普通に車も人も多くて賑わっていました^^。

      今回は仙人宅裏のアップだけですが、それだけで”生存確認”していただいて、さすがhamaさんですよ^@^
      確かに”明けましておめでとう”以来、全く音がしなくなったので心配しますよね。。
      でもまー、もう少しすれば・・コトッ・・と音がするでしょう^^。

      YMの・・は仙人ならすぐに誰々か分かると思いますが^^・・なんせPCが開けないのでね^;^
      なんのhamaさん、これは恨み節・・などとは全く無縁のシチュエーションですよ^^。
      3人で夜通し話をしていたら、いつのまにか彼と彼の彼女が睡魔に襲われてグッタリと・・
      そんなシチュエーションでした^!^。

       

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。